創業1914年(大正3年) ランプの時代から花一筋

須藤花店について


創業1914年(大正3年) 新小岩でランプの時代から花一筋

須藤花店は創業1914年(大正3年)ランプの時代から葛飾・新小岩で花一筋 お花のある生活をお届けします
須藤花店は創業1914年(大正3年)
ランプの時代から葛飾・新小岩で花一筋 お花のある生活をお届けします

花はいつも人の憧れ。
美しくやさしく微笑みかける。
気品をたたえ、喜びにも悲しみにもその清らかな美しい姿で人の心を温め慰めてくれる。

創業1914年。新小岩でランプの時代から花一筋。
あの大戦中の空襲下でも一日も休むことなく花屋を続けられたと
いう事は、奇跡に近いと思っております。 時代に応じて好奇心を燃やし、良かれという事に努力を惜しまない事を誓っております。

株式会社須藤花店 本社ビル(JR新小岩駅北口より徒歩3分)
株式会社須藤花店 本社ビル(JR新小岩駅北口より徒歩3分)

店舗案内

店舗入口:季節の花を添え、落ち着いた雰囲気でお出迎えいたします
店舗名(株)須藤花店
所在地124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-1-11 
代表者須藤宗之助
電話03-3691-8781
FAX03-3691-6063
Mailshana45026@gmail.com
営業時間9:30*19:00
定休日正月5日間休(※月2回日曜日休み)

店長メッセージ

花と人間のかかわりは古く、旧人のネアンデルタール人の埋葬された墳墓のそばに
花粉が大量に発見され、 花が供えられていたことが明らかになったり、
エジプトのツタンカーメンの棺の上に、花が供えられていたことは有名な話です。

また、ルネッサンスのヨーロッパ絵画に出てくる花はボッティチェリの「プリマベーラ」に表現されているように、寒い冬からの「春」への憧れの象徴として現されています。

このように人間がもっている本能とというべき畏敬や慰め、鎮魂などのきもちや「春」への待ち焦がれる気持ちは人間共通の観念と思われます。
当店では、そのような人間のもっている「花」への観念を中心に「花文化」として、益々社会へ広げていこうと思っています。
お客様に、常に新たな花文化の提案をしてゆきたいと思っています。

セクションサブタイトル

最新ニュース